研究計画| 学習計画テンプレート| 研究計画サンプル| 研究計画の例

学歴: I have completed my undergraduate studies in Electrical engineering from “ABCDUniversity of Engineering and Technology”, Pakistan, in March 2022, with a CGPA of 3.86 out of 4.00. I was an active somehow indulgent student among others during my undergraduate studies, very often involved in many curricular and co-curricular activities. In fact, I was up to the mark and honored in the top 1’slist of 120 students in my undergraduate class. If observed by the meritorious efforts I remain very competent and I have passed all entrance tests conducted by the academic institution of my education with high achievements and secured overall 4th place in the whole district. I did my final year thesis project on “Design, development, and fabrication of under/over voltage relay using static devices” with the group of five members in which I was made the Group Leader. The fabricated relay can be used for the automatic protection of household appliances and power system against voltage related problems. In this project, I learned and researched automated control and protection using Circuit Breakers and Relays along with other high-speed automatic control and protecting equipment’s involved in automation of the modern systems. While working on this project I found strong motivation in myself towards graduate study and research in the area of power system automation. At present, I am working as a Maintenance Engineer in Dawlance Group of Companies(the leading household appliances company in Pakistan); my job’s major responsibilities include; Maintenance and Automation of industry’s power system and machines along with the planning and the proper allocation of available resources to achieve the smooth and efficient operation of the plant by conducting routine and reactive preventive maintenance activities. Here, inDawlance, I have learned, researched and practically implemented the applications of electrical automation engineering in manufacturing process along with the extensive knowledge of Electrical automation devices like digital relays, vacuum and oil circuit breakers, Programmable logic controllers, Programmable automation controllers, Human Machine Interface and instrumentation devices. Furthermore, I Led the project “Energy saving by the optimization of electric motor usage” with annual savings of 1.2 Million PKR by conducting efficiency analysis, Right-sizing of installed motors, formulating the saving calculations and obtaining USAID OFFER by negotiations with vendors and USAID audit authorities. Also because of ardent interest and motivation towards power system automation, I have selected for 16 weeks internship in National Transmission & DispatchCompany; the sole electric power transmission company of Pakistan. Where I gained quality level knowledge and working experience of Grid SystemOperations (GSO), Protection and Instrumentation (P & I), SCADA, Metering and Testing (M & T). Along with these technical aspects I also earned practical knowledge about transmission system planning including Power Flow Studies, Reactive power compensation studies, Reliability, and Stability Analysis with respect to the interconnection of distributed generation with the transmission system. My work at NTDC was highly praised and I was awarded the certificate of appreciation by the senior management.
私の性格: 実際、私は友好的な性格を持った社会的に活動的な人であり、多くの友人に恵まれている確かに優れたコミュニケーターです。 私は人生の現実を鋭く見つめ、前向きな心と態度で人々にアプローチし、常に誠実な努力と真の献身で役立つことを証明します。 それに加えて、私はいつも、さまざまな背景や文化に属する人々に会い、挨拶することができて、とても嬉しくて幸運だと感じています。 このような会議は、将来的に有益であることが証明されたため、常に重要です。また、自国で働いているか、国外で勉強しているかに関係なく、物事を簡単に処理できます。
中国での研究計画:で修士号を申請したいのですが電力システムとその自動化中国では、現在の産業での仕事の経験、過去のインターンシップ、最終年度のプロジェクトのおかげで、自動化エンジニアリングの幅広い実用的なアプリケーションを知るようになりました。これは私の注目を集め、選択したコースを研究するための知識の渇きを生み出しました。 私のモットーは、電気工学に関連する国際的な分野で働くことです。 したがって、私は最も革新的なプロジェクトを開始および管理する上で、より深い理論的および実践的な知識を習得したいと思います。 私の研究の間、私は自分自身に素晴らしい隠された能力を持って、すべての最高のものを考え出すように努めます。 教授や大学の同僚と一緒に、電力システム自動化の分野で非常にエキサイティングな産業の謎を研究し、探求します。 修士課程を修了した後は、このような分野で自国の研究技術を最大限に活用し、経済に貢献し、同胞の生活水準を向上させたいと考えています。 この修士課程は、電気システムと、電気および自動化工学の芸術の生きた例である業界に専念している私との関係を知る機会を私に提供すると信じています。 将来のキャリアに大いに役立つ状況、人、システム、要求に対処するためのより多くの経験を積むことができることを願っています。
中国で勉強する理由:ここで、「疑問が生じます。なぜ中国なのか?」 本を読んだり、ニュースを見たり、中国の人々を分析したり観察したりして、これらの個人が自分たちの仕事に専念していることを証明し、真の努力で中国を他の第三世界の成功例として設定した方法に本当に感銘を受けましたまたは先進国。 急成長している経済、技術の進歩、そして高い評価を得ている中国の世界ランキングの教育機関は、より良いキャリアの視点を求める学生や専門家に大きな願望を与えています。 このように、そのような積極性は私の自信をさらに高め、私が下した決定に非常に満足しています。 さらに、中国の多様な文化的規範と価値観、国民の有名な穏やかなもてなし、そしてパキスタンと中国は、二国間貿易、受け入れ、双方の平和を非常に明確に促進するために、過去からすべての天候に優しい関係を築いており、中国を私の第二の故郷として感じさせます。 また、私の家族は、大学院での勉強を好む中国への私の選択を完全に支持しています。 これらすべての理由を組み合わせて、中国を修士号を取得するのに理想的な場所にしました。 結論として、このアプリケーションがあなたの好意的な検討を受け取ることを大いに期待しており、あなたが必要とするかもしれない追加情報を提供させていただきます。 あなたのお返事を楽しみに待っています。